フジサン特急運行開始15周年キャンペーン トップページへ

フジサン特急2002号 車両の紹介 | フジサン特急運行開始15周年キャンペーン

フジサン特急運行開始15周年記念ヘッドマーク

「フジサン特急」は、世界的な観光地である富士北麓地域を訪れる方々に“移動中の車内からも富士山の美しさ・雄大さをゆったりと堪能してもらいたい”との思いから、平成14年2月に2000系車両(2001号編成、2002号編成の2編成)で運行を開始いたしました。

2000系車両は平成28年2月に全編成が引退しましたが、現在は平成26年7月に運行開始した8000系車両(8001号編成)が、二代目フジサン特急として運行しております。

富士山をキャラクター化した「フジサンクン」たちが描かれたユニークな外観と、富士山の絶景を楽しめる前面展望車両を持つフジサン特急は、富士山に一番近い鉄道・富士急行線の名物特急として運行開始から15年間、皆様に親しまれてまいりました。

2001号
2002号
8000系

2000系車両(2002号編成)車両スペック

  • 2002号
  • 2002号
  • 2002号
  • 2002号
  • 2002号
  • 2002号

フジサン特急2000系(2002号編成)

2002年~2014年引退
クモロ2202
(Msc)
元クモハ165-4⇒クモロ165-4
製造年昭和43年(1968年)
定員36名
車体長20,400mm
車体幅2,950mm
車体高4,088mm
台車形式DT-32B
(80:19=4.21:1)
パンタグラフ----
主電動機MT-54D(120kw×4)
主制御器CS15改
補助電源----
電動空気圧縮機----
冷房装置AU13E(5,500kcal/h)×5
保安装置ATS装置、EB装置(2002号)、デッドマン装置(2202号)、列車無線、ドライブレコーダー
制御方式抵抗制御方式、強制通風式抵抗器
ブレーキ方式SELD発電ブレーキ併用電磁直通ブレーキ、抑連ブレーキ、直通予備ブレーキ、耐雪ブレーキ
モロ2102
(Ms)
元モハ164-804⇒モロ164-804
製造年昭和43年(1968年)
定員38名
車体長20,000mm
車体幅2,950mm
車体高4,090mm
(パンタグラフ折りたたみ高さ3,960mm)
台車形式DT-32B
(80:19=4.21:1)
パンタグラフPS-21
主電動機MT-54D(120kw×4)
主制御器----
補助電源----
電動空気圧縮機C-2000M
冷房装置AU72(33,000kcal/h)×1
保安装置ATS装置、EB装置(2002号)、デッドマン装置(2202号)、列車無線、ドライブレコーダー
制御方式抵抗制御方式、強制通風式抵抗器
ブレーキ方式SELD発電ブレーキ併用電磁直通ブレーキ、抑連ブレーキ、直通予備ブレーキ、耐雪ブレーキ
クロ2002
(Tsc)
元クハ165-4⇒クロ165-4
製造年昭和43年(1968年)
定員38名
車体長21,075mm
車体幅2,950mm
車体高4,088mm
台車形式TR-69B
パンタグラフ----
主電動機----
主制御器----
補助電源SC-58(140kVA)
電動空気圧縮機----
冷房装置AU71D(28,000kcal/h)×1
保安装置ATS装置、EB装置(2002号)、デッドマン装置(2202号)、列車無線、ドライブレコーダー
制御方式抵抗制御方式、強制通風式抵抗器
ブレーキ方式SELD発電ブレーキ併用電磁直通ブレーキ、抑連ブレーキ、直通予備ブレーキ、耐雪ブレーキ
フジサン特急 運行開始15周年キャンペーンイベント情報 2000系に会える 下吉田駅ブルートレインテラス わたしとフジサン特急の想い出フォトアルバム フジサン特急 車両のご紹介 フジサン特急 オリジナルグッズ
フジサン特急時刻表・ご予約はこちら