富士急行線サイクルトレイン 自転車×電車で出かけてみませんか?

「富士急行線 サイクルトレイン」についてのご案内

富士急行線では、自転車を専用の袋に入れてお持ち込みいただく従来の方法ではなく、電車にそのまま自転車やロードバイクと一緒に乗車できるサービス「富士急行線 サイクルトレイン」を実施しております。 自転車×電車でちょっとしたお出かけや、歩いては行けない遠方への観光にも!

実施日

通 年(※利用除外日を除く)
平 日:朝9時頃~午後3時頃まで
土休日:始発~午後6時頃まで

サイクルトレインの本格導入を記念し、~11月26日(土)までの土休日は、大月~河口湖を1往復する臨時列車『富士山サイクル号』を運行いたします!
※10月2日(日)は運転除外日。
詳しくはこちら
区間
富士急行線「大月~河口湖間」
乗降可能駅

上大月・禾生を除く全16駅

ご利用可能駅
※大月駅は富士急行線ホームのみご利用可能です。
利用除外日

多客が見込まれる日程は除外日となります。
例)沿線祭事開催日、周辺コンサート開催日、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆期間、長期連休(3日以上)等

利用除外日カレンダー

※上記除外日の他にも、車内が混雑する場合は、安全上の理由からご利用をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

利用時間帯と除外列車

以下の時間帯の富士急行線車両の普通電車のみご利用頂けます。

平日ご利用時間帯

土休日ご利用時間帯

※特急列車(富士回遊、富士山ビュー特急、フジサン特急)及びJR線直通列車(河口湖10:40発高尾行き、土休日は河口湖5:49発・6:15発東京行きと大月8:19発河口湖行き)はご利用できません。

持ち込み料金
無料(普通運賃のみでご利用できます。)

持ち込みについて

持ち込み車両

大月~富士山間での大月方1両(1号車)のみ
(大月駅出発時 最後尾車両)
※一般客のご乗車も可能です。

持ち込み車両

※お持ち込みいただける車両にはこちらのステッカーが貼ってあります。

持ち込み位置
自転車配置図
持ち込み台数

おひとり様1台まで(1列車最大8台まで積載可能)
※最大積載数を超えた場合は後続の列車をご利用ください。

禁止する自転車

原動機付自転車、補助輪付自転車等や運行上支障する恐れのある特殊な自転車でのご利用はできません。
汚れがひどい場合もお断りさせていただきます。

ご利用時のご注意

<乗車前>
  • 列車が混雑している場合、持ち込みをお断りする事があります。その際は後続列車をご利用ください。
  • 事前に列車の混雑が予想される場合、終日または時間帯を定めて自転車の持ち込みをお断りすることがあります。その際は事前にホームページ等でお知らせします。
  • 持ち込みは中学生以上の方に限定します。小学生以下のお客さまが自転車を持ち込む際は、保護者の同伴が必要です。
<車内>
スタンドのない自転車は 、専用ベルト等で自転車を手すりに固定してください
  • スタンドのない自転車は 、専用ベルト等で自転車を手すりに固定したうえで、思わぬ揺れや急停車に備え、お客さまご自身で自転車を手で支えてください。
  • スタンド付き自転車はベルト等での固定は不要ですが、お客さまご自身で自転車を手で支えてください 。
  • 一般の方も同車両をご利用になるため 、迷惑とならないようご配慮をお願いします。
  • 車内 やホーム上、駅構内を移動する際は絶対に自転車に乗らないでください。
  • 車内での自転車の分解・整備はできません。駅構内での分解・整備は可能ですが、広い場所を利用し通路を塞がないなど、周囲のお客さまへのご配慮をお願いします。
<その他>
  • お客さまが自転車を車内へ持ち込まれたことにより事故等が発生し、お客さまご自身あるいは他のお客さまに何らかの損害が発生した場合でも、当社では一切責任は負いかねますのでご留意ください。