【イベント】9/1(木)~10/31(月)「全国登山鉄道‰会」ヘッドマーク掲出キャンペーン開催!

'16年08月29日

富士急行が加盟している「全国登山鉄道‰(パーミル)会」では、9月1日(木)から「‰会ヘッドマーク」掲出車両を各社で運行します!
急勾配を駆け上がる力強い電車を描いたヘッドマークが、各社車両の先頭を飾ります。ぜひこの機会のご乗車いただき、登山鉄道の楽しさや各社沿線の魅力をご満喫ください。

「‰会ヘッドマーク」掲出車両および期間
会社名 デザイン元車両 掲出期間
箱根登山鉄道 アレグラ号3000形(3001-3002) 平成28年9月10日(土)~10月31日(月)
富士急行 1000系、6000系(各1編成) 平成28年9月1日(木)~10月31日(月)
大井川鐵道 クハ600型 平成28年9月1日(木)~10月31日(月)
叡山電鉄 800系(811-812号車) 平成28年9月1日(木)~10月31日(月)
南海電鉄 2300系(2302-2352) 平成28年9月2日(金)~10月31日(月)
神戸電鉄 6000系、3000系(各1編成) 平成28年9月1日(木)~10月31日(月)
※車両運用の都合により、掲出車両・期間が変更となる場合がございます。
※各社でヘッドマークのデザインが多少異なります。
※詳細については、各社にお問い合わせください。


「全国登山鉄道‰(パーミル)会」とは?
箱根登山鉄道、富士急行、大井川鐵道、叡山電鉄、南海電鉄、神戸電鉄の6社では、『観光地が沿線にあり、かつ登山鉄道としての性格を有している』という共通点があることから、勾配を示す単位「‰」(パーミル)になぞらえた「全国登山鉄道‰(パーミル)会」を平成21年9月に結成し、各社沿線の見どころを紹介するパンフレットを作成するなど共同での旅客誘致に努めています。

富士急行線は約500mの高低差をもつ登山鉄道
大月~河口湖間の26.6kmで、富士山に向かって約500mの高低差を登ります。
写真は、最急勾配地点(40‰)である三つ峠~寿間の40‰を表す標識と富士山ビュー特急。
 

また全国登山鉄道‰(パーミル)会」では、平成28年8月11日(祝・木)より、各社の車両ピンバッジを発売開始しております。富士急行では、「1000系マッターホルン号ピンバッジ」を富士急行線富士山駅で発売中です。ぜひお買い求めください。

▼「全国登山鉄道‰会」による山の日施行記念グッズについて 詳しくはこちら